藤沢市にてアパートの外壁塗装 続き

藤沢市にてアパートの外壁塗装 続き

こんにちは。

山田工芸、広報担当です。

先日より藤沢市にて行っているアパートの外壁塗装の様子です。

 

先日の施工の様子はこちら

⇒https://yamada-paint.com/blog/?p=1170

 

本日の施工の様子です。外壁、付帯部分の塗装を行っています。

 

 

クラック箇所は先にコーキングにて補修を行い、その後塗装を施します。

コーキングの様子です。

 

そしてその上に塗装を行います。

  

外壁にクラックが生じると、

叩き雨などにより外壁から雨水が浸透し、雨漏りに繋がる場合は非常に多いです。

一度雨漏りが発生してしまうと、瞬く間に家の中に水が浸透し、天井やクロスがダメになってしまうことも多いです。

クラックを発見した際はなるべく早めにご相談ください。

 

そして昨日から行っている樋、通気口の塗装の上塗りによる仕上げの様子です。

 

設置部分は隙間ができやすいので特にしっかりと塗装を行いました。

その他外壁箇所も順調に塗装を行っています。

外壁塗装は繰り返し塗装し、塗膜の厚みを作ることで外壁を保護します。

外壁塗装は12~20年に一度の施工が目安です。

クラックやチョーキングなどを発見した場合は早めにご相談ください。

引き続き現場の様子をお送りします。