三浦市にて外壁塗装工事 〜付帯部塗装・下屋根塗装〜

三浦市にて外壁塗装工事 〜付帯部塗装・下屋根塗装〜

先日より、神奈川県三浦市にて外壁塗装工事に着工しております。
これまでに、外壁・大屋根共に大きな部分の塗装はほぼ完了しています。
本日は付帯部など細部を中心に塗装を進めていきます。

まずは下屋根上のスリムダクトからです。

下屋根上のスリムダクト塗装 下屋根上のスリムダクト塗装

続いて戸袋、水切りを下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます。

戸袋を下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 戸袋を下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 水切りを下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 水切りを下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 水切りを下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 水切りを下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 戸袋を下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 戸袋を下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 戸袋を下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます 戸袋を下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていきます

戸袋は文字通り雨戸をしまうためのものですが、水切りとは窓枠下などの箇所を指します。
水切りは、雨水が窓枠の下面をつたって壁面を汚さないように、また雨水が室内へ侵入するのを防ぐ為に設置されています。
建物の土台と基礎の間には隙間がありますが、その部分に設置されている場合もありますね。

こんなところまで塗装する必要があるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、水切りは雨水を防ぐために重要な箇所ですが、当然雨水などによって劣化が進みます。
そのため、水切りにも塗装を行い、塗膜によって防水性を高め守ってあげる必要があるのです。

続いて下屋根の下塗りを進めていきます。

下屋根の下塗り塗装 下屋根の下塗り塗装

大屋根はすでに塗装が完了していますので、この下屋根が終われば屋根部分はすべて完了となります。
次に、取り外した雨戸の錆止め塗装を行います。

取り外した雨戸の錆止め塗装 取り外した雨戸の錆止め塗装

雨戸は戸袋に閉まったままだと隅々までしっかり塗装を行うことができません。
もちろん雨戸だけでなく、戸袋もしっかり塗装できないので、完璧な塗装を行うために取り外しできるものはすべて取り外して細部まで塗装を行います。
皆様の大切なお住まいに関する塗装工事に携わらせていただいている以上、一切の妥協や手抜きは決して許されません。
隅々まで塗り漏れの無いよう塗り進めていきます。

次回は一階部分を中心に仕上げていく予定です。
また、下屋根は中塗り、乾燥具合で上塗りまで行い、取り外した雨戸は中塗りを行う予定です
引き続き、現場の様子をお送りします。