相模原市にて外壁塗装 ~下塗り・中塗り~

相模原市にて外壁塗装 ~下塗り・中塗り~

こんにちは。

山田工芸、広報担当です。

先日より相模原市にて行っている外壁塗装の様子です。

下部の写真は、下塗りの様子、中塗りの様子です。

 

~下塗りの様子です~

下塗り完了の様子です。

外壁塗装の下塗りの主な役目は「塗装の下地作り」です。

そのため完工の色が有色の場合でも、下塗りは白色の塗料で施すことも多いです。

 

理由としては、白色にて既存の有色を、一度消してしまうためです。

変に有色と有色が混ざるとごちゃごちゃした色になりますよね。

そして下塗りにて白色になった壁を有色で塗る(中塗り・上塗り)ことで、綺麗な有色の塗装ができるようになります。

 

もう一つの理由は、塗り忘れがなくなることです。

下部の写真は中塗りの様子です。

 

下塗りにて白色になった外壁を今回の青緑で塗料で塗装していますが、

こうなれば白色の箇所が残っていると目立ちます。

そのためきっちり下塗り・中塗り・上塗りという三度塗りができ、施工ミスを防ぐことができます。

そして写真の通り、下塗りにてしっかりと白色の下地が形成できているので、綺麗な色に塗装できています。

 

山田工芸では、一つひとつの工程においてしっかりと、どうすれば良い施工ができるのか考えながら行っています。

引き続き現場の様子をお送りします。