東京都大田区にて外壁塗装工事 ~雨樋塗装・破風下処理・軒天スポットライト塗装〜

東京都大田区にて外壁塗装工事 ~雨樋塗装・破風下処理・軒天スポットライト塗装〜

先日より、東京都大田区にて外壁塗装工事を行なっております。
前回までに、外壁下塗り・軒天2回塗りが完了しており、今回はその続きからです。

まずは、横樋・縦樋の2回、3回塗りを進めます。

横樋・縦樋の2回、3回塗り 横樋・縦樋の2回、3回塗り 横樋・縦樋の2回、3回塗り 横樋・縦樋の2回、3回塗り 横樋・縦樋の2回、3回塗り 横樋・縦樋の2回、3回塗り 横樋・縦樋の2回、3回塗り

続いて、破風下処理・錆止めを行います。
まずはケレン作業を進めます。

破風下処理・錆止め 破風下処理・錆止め

ケレンは塗装面を削ることによって、既存の塗膜や汚れ・錆びを綺麗に落としていく作業になります。
この作業を行わなければ、新しく塗装を行なっても塗膜と外壁の間にゴミや錆びや残ったままになり、耐久性が落ちてしまいます。
仕上がりだけ見れば、行なったか行なっていないかわからない作業ではありますが、非常に重要な下処理となります。

このケレン作業を行なっているかどうかが、悪徳業者か優良業者かの大きな違いとなります。
もちろん山田工芸は、このような目立たない作業でも一切手抜きを許しません。
塗料が本来の耐久性・防水性を存分に発揮できるよう、隅々まで丁寧にケレン作業を行います。

ケレン作業が終われば、錆止めを塗布していきます。

錆止めを塗布 錆止めを塗布

その後は、軒天スポットライトをウレタン塗料にて下塗り、上塗りを行います。

軒天スポットライトをウレタン塗料にて下塗り、上塗り 軒天スポットライトをウレタン塗料にて下塗り、上塗り 軒天スポットライトをウレタン塗料にて下塗り、上塗り

現在外壁塗装においては、シリコン塗料が主流ではありますが、ウレタン塗料はもう全く使わないという訳ではありません。
場所や部位を問わず利用でき、非常に利便性が高い塗料として、外壁以外の部分には今でもよく使用されます。
乾くのが早いため作業効率がよく、小さな範囲の塗装などには非常に適しており、色や種類が豊富なので付帯部などで外観のアクセントとしても利用されます。
ウレタンにはウレタンのメリットがあるため、一概に「シリコンより価格の安いウレタンはダメ」とは言い切れないのです。

山田工芸では、外壁の素材や特徴を把握し、適材適所な塗料を使い分けて理想の仕上がりを追求します。
引き続き、現場の様子をお送りします。