外壁塗装の見積もりの内訳チェックポイントを徹底解説

知っておきたい外壁塗装の豆知識

外壁塗装の見積もりの内訳チェックポイントを徹底解説

外壁塗装の見積もりの内訳チェックポイント

外壁塗装の見積もりは、一社だけでなく同じ内容の見積もりを複数業者からもらうのが鉄則です。
しかし、外壁塗装のような建築関係の見積書は専門用語も多く、見ても内容がよくわからないという方も多いです。
普段の生活においてあまり馴染みの無い見積書の項目を把握しておくことで、より効率良く優良塗装業者を選ぶことができるでしょう。

ここでは、外壁塗装の見積もりにおいて、内訳のチェックポイントを一緒に見ていきましょう。

見積もりの内訳をチェックする前に

見積もりの内訳をチェックする前に、皆さんに注意していただきたい点が2つあります。
この2点が外壁塗装の見積もりにおいては前提となる項目なので、ぜひ覚えておいてください。

複数業者から相見積もりをもらう

まず、外壁塗装の見積もりは、複数の業者から同じ内容で見積もりを出してもらってください。
これを「相見積もり」といいますが、良い塗装業者を選ぶには「相見積もり」が大前提です。

業者選びに失敗した方に多いのが、「外壁塗装なんてよくわからないし、最初に問い合わせした業者にすぐに決めてしまった」というケースです。
最初に問い合わせた業者が優良な業者であれば良いですが、残念ながら神奈川県の外壁塗装業界にも悪徳業者は数多く存在します。

「相見積もり」をとることで、複数業者の比較検討が容易になります。
例えば、「A社と比べてB社の金額が高すぎる」「C社には〇〇という作業項目があるのに、D社には無い」など、色々と見えてくることがあるでしょう。

不審な点、疑問な点は残さず見積もりをくれた業者に直接確認するようにしてください。
「相見積もり」をとり、疑問点は全て解消し、その中で納得のいく業者に工事を依頼する。
これが、外壁塗装の塗り替えにおける鉄則です。

見積もりの項目が「一式」になっている業者は避ける

複数業者から「相見積もり」をとった際、見積書の内訳項目が「外壁塗装一式」などのようにまとめられているケースがあります。
そのように、「一式」と表記しているような業者は避けた方が賢明です。

見積書は、塗装業者が皆さんに「当社は〇〇という作業を〇〇円で行い、〇〇という塗料を〇〇円で使い、このような工程で作業を進めます」と提案し、納得してもらうための重要な書類です。
それを「一式」などとひとまとめにしてしまっては、何をいくらでやるのかがわからない上、塗料も本当に適正価格で使用しているのかが不透明です。
皆さんに正確にお伝えすべき見積もりを「一式」とまとめてくる業者は不誠実だと考えましょう。

このケースは、知人から紹介してもらった塗装業者や、昔から何度も塗り替えをお願いしている地元密着の塗装業者などが、なぁなぁで行うことがよくあります。
知り合いや紹介だからといって安心せず、見積もりはしっかり内訳を明らかにしてもらうようにしてください。

外壁塗装の見積もり内訳でチェックすべきポイント

上記の2点はクリアしているという前提で、いよいよ本題である「外壁塗装の見積もり内訳でチェックすべきポイント」をお伝えします。
どのチェックポイントも外壁塗装の塗り替えで失敗しないために重要な項目なので、ぜひ覚えておいてください。

支払い条件

一般的に外壁塗装の工事代金は、契約時に半額、完工時に残りの半額の計2回で支払うことが多いです。
ここで注意していただきたいのは、支払い条件が「契約時の一括全額払い」になっていないか、です。

「契約時の一括全額払い」だからといって全て悪い訳ではないですが、中には支払い後に着工するどころかそのまま逃げてしまったという事例もあるのです。
もし「契約時の一括全額払い」になっている場合は、2回払いにしてもらえないか、なぜ2回払いは無理なのか業者に確認してください。

使用する塗料のグレード

ここでチェックしていただきたいのは、使用する塗料のグレードが高いか低いかではなく、塗料のグレードが統一されているかどうかです。

塗料はウレタンやシリコン、フッ素など素材によってグレードが変わり、それに伴い耐用年数も変わります。
そのため、「外壁塗装はシリコン塗料、屋根塗装はフッ素塗料」といったようにグレードが違う塗料が建物内に混在すると、建物の耐用年数が箇所によってバラバラになってしまいます。

外壁塗装の塗り替えは、建物内の塗料のグレードを揃え、耐用年数を揃えるのが鉄則です。
耐用年数を揃えれば、数年後に「屋根は綺麗なのに外壁はボロボロ」といったチグハグな状態になるのを防いでくれます。
また、使用する塗料の名前・メーカーがわかれば、ご自身でも調べることができるので、適正価格で使用しているかも確認できるでしょう。

見積もりに記載されている塗料のグレードが統一されているかどうかをチェックしましょう。

塗り替えの工程は3度塗りか

外壁塗装の塗り替えは、「下塗り・中塗り・上塗り」と3回の工程を経て作業します。
これを「3度塗り」といいますが、外壁塗装の塗料は3度塗りをすることで、ようやく本来の機能が発揮するように設計されています。
逆を言えば、3度塗りしない場合は、塗料は本来持っている耐久性や防水性をフルに発揮できないのです。

しかし、中には3度塗りの工程の内、「中塗り」を省いて人件費と材料費を浮かせようとする悪徳業者がいます。
そのため、まずは見積もりの内訳が「下塗り・中塗り・上塗り」もしくは「3度塗り」になっているかをチェックしましょう。
その上で、工事中も施工している職人に「これは何度目の塗装ですか?」と直接尋ねれば、手抜き工事を防ぐ上で効果的です。

ケレン作業が項目に入っているか

「ケレン」という作業は、塗装前に外壁を専用のヤスリや機械で削り、サビなどを除去して外壁表面を磨く作業で、下地処理における大切な工程です。
この「ケレン」を行わず塗り替えを進めてしまうと、外壁表面と塗料の間にサビが入り込んでしまうため、塗膜がしっかり外壁に接合しないばかりか、塗装表面にサビが発生してしまう原因ともなります。

しかしこの「ケレン」は手作業で行われるので、悪徳業者はこの工程を省き、人件費を浮かせ作業日程を短縮しようとします。
高品質な塗り替えを行なってもらうためにも、見積もりの内訳に「ケレン」の工程が入っているかチェックしましょう。

塗装箇所に抜けはないか

「塗り替えてくれると思ってた箇所が塗装されていなかった」というトラブルは、意外と多く発生している事例です。
中でも、雨樋・軒天・雨戸・戸袋・破風など、「付帯部」と呼ばれる箇所に塗り漏れは起こりがちです。

こういったトラブルを起こさないためには、業者に任せきりにするのではなく、見積書を見ながらご自身でもお住まいを隅々までチェックし、見積書と照らし合わせてみることが大切です。
お住まいの細かい部分などは名称がわからないことも多いので、現地調査の際に気になる箇所は業者と一緒に確認しながら見て回るのも良いですね。

・工事に直接関係の無い部分でも費用

外壁塗装の塗り替えには、職人が使う道具や塗料の他にも、「養生費用」「シーリング費用」など細かな費用が数多く必要となります。
また、業者によっては施工中に車をパーキングに停めておいた際の駐車場代を見積もりに含める場合もあります。

後々に「そんな費用は聞いていない」といったトラブルを起こさないためにも、直接塗り替えには関係の無い細かな費用もチェックしておきましょう。

最終的な工事金額

そして最後に、一番肝心な工事金額の項目です。

他のページでご説明させていただいておりますが、外壁塗装の塗り替えには延べ床面積ごとの価格・費用相場というものが存在します。
その価格・費用相場と比較して、高すぎないか?安すぎないか?をチェックしてみましょう。

まず、相場より高すぎる場合は、ぼったくり業者の疑いがあります。
皆さんが外壁塗装についてあまり詳しくないのを良いことに、「費用を上乗せしてもわからないだろう」と考え、ぼったくりのような金額を請求してくるのです。

また、これも他のページでご説明していますが、テレビCMや新聞広告で見かけるような大手メーカー・工務店は、受注した工事を全て下請け業者に流しています。
その際、仲介手数料として中間マージンが発生するのですが、この中間マージンが工事金額に上乗せされている恐れがあります。

価格・費用相場というのは、多くの塗装業者が適切な塗り替えを行うために必要な費用の平均値です。
つまり、相場通りであれば一定以上の品質を保った塗り替えが行えるのです。
よほど特別な理由が無い限り、相場より高い費用を支払う必要は全く無いと言えますね。

次に、相場より安すぎる場合についてです。 工事金額が安いというのは一見魅力的ではありますが、手抜き工事をされてしまうリスクが非常に高いです。

なぜなら、ある一定以上の品質を保ち、適正な塗り替えをしようと思うと、材料費・人件費などある程度の費用は必要となります。
それらを無視したようなあまりにも安すぎる工事金額というは、どこかで無理をしないと実現不可能です。
その無理が、「塗料を本来の希釈以上に薄めて使用する」「気づかれない範囲で必要な工程を省き、人件費を浮かし工期を短縮する」といったような手抜き工事なのです。

相場と比較して、あまりにも高い、あまりにも安い金額を提示してくる塗装業者は疑うようにしましょう。
また、見積書は相場通りでも、「今日契約してくれれば大幅に値下げさせてもらいます!」というような業者にも注意してください。
これは悪徳業者に常套句で、結局その値引き分は手抜き工事をされる恐れがあるのです。

現地調査・お見積もりは無料!!

助成金・補助金でちょっとお得に外壁塗装を!

どんな工事であっても決して安くないのが外壁塗装、少しでもコストを抑えて工事をしたいというのが皆様の願いではないでしょうか。
そんな時、利用できるのであればぜひ利用していただきたいのが、お住まいの自治体が設けている助成金・補助金です。
神奈川県の各自治体の外壁塗装に関する助成金・補助金をまとめましたので、お住まいの自治体が制度を設けているかご確認ください。

神奈川県の助成金一覧へ

横浜市近郊で「支払った工事代金に見合った品質の良い外壁塗装をしてほしい」とお考えの方は、ぜひ『職人直営店』の山田工芸をご用命ください!
相見積もりも大歓迎です、ぜひご検討中の塗装業者の一覧に山田工芸をお加えください!

横浜市の外壁塗装・屋根塗装、その他塗装工事へのお問い合わせ・ご相談は0800-111-8502 お問い合わせフォームへ

施工対応エリア

横浜市を中心に神奈川県全域対応!

横浜市鶴見区 横浜市神奈川区 横浜市西区 横浜市中区 横浜市南区 横浜市保土ケ谷区 横浜市磯子区 横浜市金沢区 横浜市港北区 横浜市戸塚区 横浜市港南区 横浜市旭区 横浜市緑区 横浜市瀬谷区 横浜市栄区 横浜市泉区 横浜市青葉区 横浜市都筑区 川崎市川崎区 川崎市幸区 川崎市中原区 川崎市高津区 川崎市多摩区 川崎市宮前区 川崎市麻生区 相模原市緑区 相模原市中央区 相模原市南区 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 三浦郡葉山町 高座郡寒川町 中郡 足柄上郡 足柄下郡 愛甲郡愛川町 愛甲郡