劣化した外壁や屋根を放置するリスク

知っておきたい外壁塗装の豆知識

劣化した外壁や屋根を放置するリスク

家を長持ちさせるには定期的なメンテナンスが必要とされていますがそのひとつに塗装工事が上げられます。
雨風に晒された外壁や屋根は年数と共に表面が劣化し雨漏り等を引き起こすトラブルへと繋がっていきます。今回は劣化した外壁をそのまま放置するリスクと外壁塗装によって事前に防止できると家のトラブルについてご紹介いたします。

外壁塗装の大きな目的は「防水機能の向上」

塗装の効果で大きく上げられるのは防水機能です。外壁や屋根は一年中紫外線や雨、雪と常に過酷な状況にありストレスに晒されています。1年通して雨の多い日本において防水はとても大切で雨水が原因となる雨漏りを防ぐことに塗装工事が大きな役割を果たしています。

劣化進んだ壁、屋根を放置すると起こるトラブル

築年数が経過しても外壁塗装を行わないと美観を損ねるだけでなく様々なトラブルを引き起こします。

塗装が剥がが起こる

塗装を行うと表面に塗膜と呼ばれる塗料の層ができます。この塗膜が防水や防塵、防カビの効果を発揮する事で家を雨風から守ってくれています。
しかし塗装工事(もしくは新築)から年月が経つと次第に塗料が劣化してきます。建物の壁などに苔やカビが発生しているのを見かけたことがあるかと思います。
塗料の防水効果が薄れると雨などで表面が濡れた状態が長い時間続いてしまうため苔やカビが発生しやすくなってしまいます。
この状態を放置するとさらに外壁の表面が汚れ次第に塗膜が剝れる原因になります。

外壁材、屋根材の劣化が進行する

劣化した外壁の代表的な症状に「チョーキング」と呼ばれる現象があります。これは「白亜化現象」とも呼ばれ、外壁を手で触った時に白い粉がつくことをいいます。雨や紫外線によって塗料の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になり表面に現れます。この状態は塗料の持つ防水効果など十分に発揮されず雨風のダメージを直接受けることになりその結果外壁材、屋根材の劣化が進むリスクがあります。

外壁材にひび割れが起こる

塗膜が劣化しチョーキングのような症状が現れ外壁材が晒される状態になると雨、風、紫外線などからのダメージを直接受けてしまいます。1年を通して雨が多い日本では外壁が濡れる、乾くを頻繁に繰り返すとダメージが蓄積されその結果ひび割れなどの症状として表面に現れます。

外壁材が割れたり剥がれ落ちる

劣化状態を放置するとひび割れを起こす事は上記でご紹介しました。
軽微なひび割れであれば塗装工事の際に補修を行うことが可能でがひび割れをそのまま放置すると割れに繋がったり外壁材が剥がれ落ちたりしてしまう可能性もあります。補修工事では対応できない症状は高額なリフォーム費用も必要なりメンテナンス費用の負担もそれだけ大きなものになってしまいます。

これまでは劣化を放置した際どのような状態になるかのご紹介をしました。
では実際室内など暮す環境への変化、影響はあるのでしょうか?
代表的な問題点をご紹介します

建物内部に及ぶ問題

 

雨漏りが起こる

一番多いトラブルは雨漏りです。
劣化によるひび割れから雨水が侵入し室内に雨漏りが発生します。雨漏りの厄介なところは構造部分まで腐食させてしまう可能性があるという事です。また原因を発見するのが難しく雨漏り修理となると費用も高額になる傾向があります。

すきま風が起こる場合がある
直接塗装が原因で起こるケースは少ないですが台風や大雨などの災害時にダメージを追う事で劣化部分が損傷しすきま風が起こる場合があります。丈夫な家づくりの為にも普段から定期的なメンテナンスを行いましょう

修繕費用の増加

外壁材や屋根材の傷みが進むと塗装工事のみでは補修ができない場合があります。その場合は交換作業が必要となり費用もそれだけ増加してしまいます、また雨漏り等で建物の構造部分に傷みが出てしまった場合は大規模な修繕工事が必要な可能性もあます。家の維持費を安く抑える為にもこまめなメンテナンスが大切です。

酸性雨にも塗装は有効なバリア効果を発揮します

塗料は雨水を弾き、外壁材内部へ水の浸食を防ぐ効果があります。
塗料によっては酸性雨対応と謳う商品が販売されるほど日本では酸性雨の被害が深刻化しています。

紫外線は外壁や屋根の塗装にとって大敵

人の肌と同じく紫外線は塗装においても大敵です。顔料を分離させる紫外線はチョーキング現象を引き起こす元となります。また塗料の色褪せ等にもつながり美観を損ねる原因の1つです。

コーキングの劣化にも注意

コーキングとは外壁材のつなぎ目に充填する樹脂材です。
別名シーリングとも呼ばれ部材のつなぎ目からの雨水の侵入を防ぐ目的で使用されます。
外壁塗装では壁面を塗るだけでなくコーキングの状態も確認しひび割れや痩せて隙間ができてしまっている状態がで補修をする必要があります。
コーキングの打ち直し工事と呼ばれ劣化したコーキングを取り除き新しくコーキングを充填します。
コーキングの耐用年数は5年~10年程度と言われ塗装よりも早く劣化が始まる傾向があるため注意が必要です。

劣化が原因による主な修繕工事について

塗装工事では対応ができない状態の場合はどういった工事が必要なのでしょうか?
高額費用になる工事を参考までにご紹介します。

雨漏り工事

雨漏りの原因の多くは屋根材のズレや壁に生じたひび割れ(クラック)から雨水が侵入することから起こります。屋根からの雨漏りの場合は全ての原因が塗装工事の未実施とは言えませんが塗膜の劣化が雨水の侵入を許し下地を劣化させてしまっている場合もあるので注意が必要です。
下地の交換が必要なほど劣化やダメージがある場合は費用も高額になる傾向があります。

屋根葺き替え工事

雨漏りが発生していない場合で合ってもすでに屋根材の劣化が激しい場合は後々雨漏り等のリスクがある為塗装工事ではなく葺き替え工事を行う場合もあります。屋根材にもそれぞれ耐用年数がありますがメンテナンスとして塗装工事を必要な時期に施工することで寿命を延ばして長く使って頂けます。家の維持費をトータルで考えたときたとえ何度か塗装工事を行ったとしても屋根材をできるだけ長く使う方が経済的ですよね。

断熱材の補修工事

外壁材、屋根材の劣化が激しく雨水が断熱材まで侵入してしまった場合は別途で断熱材の補修工事が必要になる場合があります。

シロアリ駆除工事

雨漏りで湿気が溜まると木材部にシロアリが発生してしまう可能性があります。シロアリ駆除のだけでなくシロアリによる木材部分のダメージが深刻な場合は大掛かりな補修工事、大工工事が必要になる場合があります。

塗装工事をするべきでない状態がある

ご自宅の外壁や屋根の状態によっては外壁塗装をするべきではない状態もあります。
良い状態と悪い状態があるのでそれぞれご紹介します。

外壁材や屋根材が複数箇所で破損している

破損の大きさや範囲にもよりますが大きな損傷の場合は塗装工事だけでは補修できず外壁リフォームが必要になる場合があります。塗装工事で無理に補修を行ったとしても効果が十分に発揮出来ずすぐにトラブルに繋がる可能性が高いのです。中々判断が難しいかと思いますのでご相談頂いた際に最適な工事をご提案させて頂きます。

表面が汚れているだけの状態

表面が汚れているだけの状態で無理に塗装工事をする必要はありません。市販の高圧洗浄機を使ってご家庭でも洗浄が可能です。塗装工事を行えば綺麗になるのは間違いありませんが必要なタイミングに必要な工事を行うのが大切と考えております。状態を見て適切なメンテナンス方法を選択しましょう。

次の外壁塗装までの期間を延ばしたい(効果を長持ちさせたい)

近年では耐用年数の長い塗料も出てきました。
少々高価になりますが耐用年数の長い塗料を選ぶのもひとつの選択肢です。
参考までに塗料ごとの耐用年数をピックアップしました。
無機塗料:耐用年数は最長25年
フッ素塗料:耐用年数は最長20年
ラジカル塗料:耐用年数は最長16年
シリコン塗料:耐用年数は最長15年
ウレタン塗料:耐用年数は最長10年

まとめ

外壁や屋根の塗装は適切な時期を守って行う事が大切です。
これまでのまとめとして家の塗装工事を行う目的をピックアップします。

塗装効果の維持

防水効果を含め紫外線防止や酸性雨の被害を軽減する機能など家を守っていく機能の維持に塗装工事が必要と考えます。

美観の維持

見た目が綺麗になることは清潔感が戻り生活に対しても大きくモチベーションが生まれます。目に見えない効果ももちろん大切ですがやはり「綺麗にしたい」という目的を達成する為にも塗装工事は方法のひとつだと考えます。

外壁材、屋根材の保護

冒頭でも紹介したように塗装工事を行うと塗膜と呼ばれる物が外壁材や屋根材を雨風のストレスから守ります。部材の寿命を延ばしトラブルを防止する大きな目的があります。持において大切な効果を発揮します。

家のトータルにかかる維持費用を抑えるため

劣化した状態を放置すると塗装工事以外に大規模な工事が必要になることは紹介しました。葺き替え工事など大きな工事はいずれ迎える時期が来ますが家を維持していく中でできる限り大きな出費を減らしていくことがベストだと考えます。トラブル予防の為にも塗装工事は有効なのです。

今回は外壁や屋根が劣化した状態をそのまま放置するとどうなってしまうのかを例を上げて紹介しました。
中々ご自身での判断が難しい所も多々あるかと思います。まずはお気軽にご相談頂き最適な工事内容をご提案させて頂ければと思います。

現地調査・お見積もりは無料!!

助成金・補助金でちょっとお得に外壁塗装を!

どんな工事であっても決して安くないのが外壁塗装、少しでもコストを抑えて工事をしたいというのが皆様の願いではないでしょうか。
そんな時、利用できるのであればぜひ利用していただきたいのが、お住まいの自治体が設けている助成金・補助金です。
神奈川県の各自治体の外壁塗装に関する助成金・補助金をまとめましたので、お住まいの自治体が制度を設けているかご確認ください。

神奈川県の助成金一覧へ

横浜市近郊で「支払った工事代金に見合った品質の良い外壁塗装をしてほしい」とお考えの方は、ぜひ『職人直営店』の山田工芸をご用命ください!
相見積もりも大歓迎です、ぜひご検討中の塗装業者の一覧に山田工芸をお加えください!

横浜市の外壁塗装・屋根塗装、その他塗装工事へのお問い合わせ・ご相談は0800-111-8502 お問い合わせフォームへ

施工対応エリア

横浜市を中心に神奈川県全域対応!

横浜市鶴見区 横浜市神奈川区 横浜市西区 横浜市中区 横浜市南区 横浜市保土ケ谷区 横浜市磯子区 横浜市金沢区 横浜市港北区 横浜市戸塚区 横浜市港南区 横浜市旭区 横浜市緑区 横浜市瀬谷区 横浜市栄区 横浜市泉区 横浜市青葉区 横浜市都筑区 川崎市川崎区 川崎市幸区 川崎市中原区 川崎市高津区 川崎市多摩区 川崎市宮前区 川崎市麻生区 相模原市緑区 相模原市中央区 相模原市南区 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 三浦郡葉山町 高座郡寒川町 中郡 足柄上郡 足柄下郡 愛甲郡愛川町 愛甲郡