雨天時の塗装工事について

知っておきたい外壁塗装の豆知識

雨天時の塗装工事について

外壁塗装の工事中に雨が降ることも少なくありません。
もともと日本は雨が多い国ですし梅雨の時期には連日雨が続く事もあります。

外壁は普段雨等にさらされている為、水には強いイメージを持たれるかもしれませんが塗装工事の際は雨水はもちろん早朝の結露など水に対してはかなり気を付けて作業を行う必要があります。

この記事では雨は塗装工事に与える影響と雨天時に「できること」「できないこと」を紹介していきます。

雨の日は塗装工事はできない

いきなり結論ですが雨の日は塗装工事ができないと考えておいた方がよいでしょう。塗料に水が混ざったしまう事で仕上がりに影響を及ぼす可能性があるからです。
具体的にどのような影響があるのでしょうか?

塗料の耐久性を低下させてしまう

雨天時に作業をしてしまうと雨水が塗料に混ざることになります。雨水で薄まった塗料は塗料本来の効果を発揮出来ず塗装後の劣化が早まるなど悪影響があります。

また外壁に付いた水によって塗りムラが出るだけではなく水泡が発生することで工事後の仕上がりに大きな差が出ることとなります。

塗装工事で適切な施工ができれば塗料本来の効果を発揮し長い間、雨風から家を守る事ができますが、雨水など水分を取り込んでしまった状態での施工をしてしまうと劣化の代表的な現象のチョーキングや塗装剝れなどが起り数年で外壁や屋根にひび割れを起こしてしまう可能性があるのです。
せっかく高額な費用で工事を行っても数年で目でわかる劣化が進んでしまっては意味がありません。
美観を損ねてしまう点においても適切な環境で工事を行う必要があるのです。

湿気の影響で乾燥しづらくなる

雨の日はどうしても湿度が高くながちです。塗装工事では工程ごとに乾燥させる必要があり湿度が高い日が続くと塗装した部分の乾燥をしづらくなります。

塗装工事は下塗り、中塗り、上塗りと塗料を何度も重ねる施工をします。その際、前工程で塗り終えた塗料が乾いていないと上に重ねる塗料が上手く定着せず塗料の効果を発揮することができません。
また早朝など気温5度以下の場合も同じく結露などの水分が塗料と混ざってしまう為に塗装に適さない状況と言われています。

多くの塗装業者がその日施工をするかを決める目安が湿度80%~85%といわれておりこの数値を超える湿度の日は工事をしないと判断する業者も沢山います。

工期が長くなる

どうしても雨が続くと作業できない日が続いてしまい。当初予定していた工期より長くなってしまいます。
しかしそれは仕上がりを重視し施工品質に影響があると判断した日とご理解頂けますと幸いです。
特に梅雨や台風の時期などは雨天で工事ができない日が多くなる傾向があるので弊社含め塗装工事を行へご依頼の際は余裕を持ったスケジュールを立てて頂いた方が安全です。

工期が延びるとその分の費用は追加される?

工期が延びるとその分費用が追加されると思われるかもしれませんが、ご安心ください。
大雨や台風など天候が理由での工事中止の場合に費用が追加されるという事はありません。
工事が延びた分のスケジュールも気になるようであればお問合せください。
お客様の要望を伺いながら柔軟に対応するようにします。

業者のケガリスクが上がる

街中でご覧になったことがあるかと思いますが、外壁塗装工事の際は足場を組んで作業を行います。外壁と同時に屋根も塗る場合はかなり高さのある足場を組む必要があります。
我々含め塗装業者は工事のプロではありますがやはり雨などで足場が濡れて足元が悪くなった場合はケガのリスクが上がってしまいます。
万が一の事を考え雨の日はその状況に合わせて影響の少ない作業内容に切り替えて進めさせて頂きます。
こちらも品質重視の判断とご理解頂けますと幸いです。

雨の日でできる外壁塗装工事

降水量や風の強さにもよりますが雨の中でもできる作業はいくつかあります。
ここでは雨天時に行える作業をご紹介します。

外壁、屋根の高圧洗浄

高圧洗浄は工事前に外壁や屋根についた汚れ、砂、苔等を洗い流す作業です。水を使い作業を行いますので外壁や屋根が濡れていても問題はありません。
しかし塗装工事と同様足場の上で道具を持っての作業になるためやはり足元が悪い場合は注意が必要で塗装作業同様ケガのリスクが上がる程の雨が降る場合は作業の中止も検討する場合があります。

足場組立、解体

足場の組立、解体は小雨であれば作業する場合があります。しかし使用する部材に重量がある為手元がすべる等の影響が出そうな時は作業を中止、中段し安全を優先させます。

飛散防止シートの設置

飛散防止シートは足場の設置後に近隣へ塗料が飛散しないようにメッシュ地のシートを足場に張る作業です。外壁や屋根に触れる事が無いので足場工事ができる程度の天候であればこちらの作業も行います。

 

雨の日に外壁塗装ができないこと

塗装工事

これまで記載したように雨天日や雨が降ると作業を途中で切り上げる業者がほとんどです。
仕上がりに影響が出るため綺麗な塗装工事を行うための判断とご理解ください。

養生・養生はがし・撤去

養生作業はマスカーと呼ばれるテープとビニールが一緒になった専用の養生材を塗装をしない、塗料がかからないように覆うための物です。
雨の日はテープの粘着が悪く浮いてしまうため雨天時は避けるようにしています。
せっかく綺麗に仕上げた塗装も養生がしっかりと出来ていなかった為に不要な所を汚してしまった。等のリスクを避けるためです。
小雨であれば軒天など雨がかからない場所から進める場合もあります。

外壁塗装をご依頼頂く際に

基本的に雨天時に塗装工事は行いません。
こては弊社だけでなく塗装業者全般に言える事です。
逆に雨の中塗装を行っている業者が入れば工期を遅らせたくない、焦っているなど何かしらネガティブな理由がある事が多いと考えられます。
塗りムラはもちろんケガのリスク、塗った直後はわからなくても数年後の劣化進行具合などどこかで影響が出てしまう可能性があります。
梅雨時期などどうしても雨が続いてしまう場合もあります。ご依頼の際は少しスケジュールに余裕を持ってご依頼を頂けると幸いです。

まとめ

今回は雨天時、塗装工事はどのような対応をとるかを簡単にご紹介しました。
ひとくちに雨と言っても雨量や季節、風などその他諸々状況によって工事の進行を調整させて頂く場合があります。
できるだけお客様の希望どおりのスケジュールに沿って進めたいと考えておりますのでご希望やご要望がありましたら何なりとご相談ください。
山田工芸では塗装経験豊富な職人直営の塗装店です。
塗装工事のお困り事、ご質問等ありましたらまずは一度ご相談ください。
お客様にあったプランをご提案させて頂きます。

現地調査・お見積もりは無料!!

助成金・補助金でちょっとお得に外壁塗装を!

どんな工事であっても決して安くないのが外壁塗装、少しでもコストを抑えて工事をしたいというのが皆様の願いではないでしょうか。
そんな時、利用できるのであればぜひ利用していただきたいのが、お住まいの自治体が設けている助成金・補助金です。
神奈川県の各自治体の外壁塗装に関する助成金・補助金をまとめましたので、お住まいの自治体が制度を設けているかご確認ください。

神奈川県の助成金一覧へ

横浜市近郊で「支払った工事代金に見合った品質の良い外壁塗装をしてほしい」とお考えの方は、ぜひ『職人直営店』の山田工芸をご用命ください!
相見積もりも大歓迎です、ぜひご検討中の塗装業者の一覧に山田工芸をお加えください!

横浜市の外壁塗装・屋根塗装、その他塗装工事へのお問い合わせ・ご相談は0800-111-8502 お問い合わせフォームへ

施工対応エリア

横浜市を中心に神奈川県全域対応!

横浜市鶴見区 横浜市神奈川区 横浜市西区 横浜市中区 横浜市南区 横浜市保土ケ谷区 横浜市磯子区 横浜市金沢区 横浜市港北区 横浜市戸塚区 横浜市港南区 横浜市旭区 横浜市緑区 横浜市瀬谷区 横浜市栄区 横浜市泉区 横浜市青葉区 横浜市都筑区 川崎市川崎区 川崎市幸区 川崎市中原区 川崎市高津区 川崎市多摩区 川崎市宮前区 川崎市麻生区 相模原市緑区 相模原市中央区 相模原市南区 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 三浦郡葉山町 高座郡寒川町 中郡 足柄上郡 足柄下郡 愛甲郡愛川町 愛甲郡